• ホーム
  • 目的別、用途別に使用できるサブドメインとは

目的別、用途別に使用できるサブドメインとは

ドメインは、ネット上でサイトを公開するために必要なもので、サイトのデーターを格納するためのサーバーが必要でしょう。
サーバーにはIPアドレスが必要で、サイトの住所を解りやすいものにするために、ドメイン名を使ってIPアドレスを特定の文字に置き換えサイトが格納されたサーバーにアクセスします。
そのためドメイン名は同じものはなく、ドメイン名の取得は早い者勝ちです。
独自ドメインはドメイン登録サービスでユーザー自身が希望するドメイン名を指定することが出来ます。
サブドメインは独自ドメインを分割して使用するもので、独自ドメインを取得すると作成することが出来る仕組みです。
自分で好きな文字を入れることが出来るので、サイト名などを入れることも出来るでしょう。

サブディレクトリはドメインの中で作成したディレクトリのことでドメイン内でカテゴリを作るとサブディレクトリを作成することが出来ます。
目的や用途に応じて使用することが出来るのでうまく活用されるとよいです。

本体サイトがwww.で、サブドメインはwww.部分がサブドメインかサブディレクトリのどちらかになるので、集客がよい方を選ぶとよいでしょう。
SEO対策として優位なのはGoogleの評価の高いものを優先的に付けた方がよいということです。

サブディレクトリ、サブドメイン、独自ドメインの順で評価が高くなります。
新しく作った独自ドメインの場合はゼロからのスタートなので、評価もゼロからスタートすることになりますので気を付けましょう。

サブドメインは内部リンクと同じ扱いになります。
そのため内部リンクはサイトのジャンルと同じテーマのものにしなければなりません。
同じテーマの内部リンクを貼ることにより、Googleの評価判定も高くなります。
サブドメインで作った記事の内容も良質なものにすることで、検索結果に表示されやすくなりますので、SEO対策を行うことが出来ます。
内部リンクの評価も他のページに受け渡すことが出来るので、内部リンクを貼ることによってサイト全体の評価を高めていくことが可能です。

サブドメインで作った記事の内容がGoogleから悪い評価を受けると、ペナルティを受ける影響が出てきます。
ペナルティをサブドメインが受けてしまうと、独自ドメインやサブディレクトリの内部リンクにも悪影響が出てきますので悪い判定を受けてしまわないように注意する必要があるでしょう。

関連記事