• ホーム
  • 中古ドメインを有効活用するなら301リダイレクトを行う

中古ドメインを有効活用するなら301リダイレクトを行う

301リダイレクトとは、サイトを移転する時に検索エンジンにサイトのドメイン変更を伝えるための方法のことをいいます。
301リダイレクトを行うとペナルティを受けることはありませんが、たくさんの中古ドメインを使用して1つの新規ドメインに301リダイレクトをするとペナルティを受けることがあるので、大量の中古ドメインを301リダイレクトをするのは止めておいた方が無難です。

Googleからスパム認定されてしまうと、インデックスから削除されてしまう可能性がありますので、スパム認定されないように大量のドメインを一度に使用するのはやめておきましょう。
一度インデックスから削除されると検索上位どころか、検索結果にさえ表示されなくなってしまうため、注意が必要です。

スパム認定されていないかを調べるにはGoogleの検索ボックスにドメイン名を入力して、ドメインのパージが検索結果に表れればスパム認定されていないので、ひとまずは安心です。
またAhrefsという分析調査ツールを使用するのもよいです。
調査したいドメインを入力するだけで調べることが出来ます。
Ahrefsではランク情報や被リンク数、リンク元の詳細なデータ、リンク元のページやドメイン数などをすぐに調べることが出来ますので、中古ドメインを有効活用するためにもAhrefsを取り入れるとよいでしょう。

移設前のドメインが検索エンジンからのサイト評価が高いほど301リダイレクトを行う必要があります。
設定は中古ドメインを購入後に1ページ程度のシンプルなサイトを作り、サイトがGoogleに認識されるまで待ち、その後に新規ドメインを取得し、新規ドメインでサイトを作っておきます。
その後に中古ドメインから新規ドメインサイトに301リダイレクトを行います。

書き方は主要ページは細かく301リダイレクトを行うとよいでしょう。
似たようなディレクトリをリダイレクトさせる書き方の方がスパム扱いされませんのでより安全です。
面倒ですがスパム扱いされてしまうと、なかなか元の評価を取り戻すことが出来ませんので注意する必要があります。
主要ページの評価はURL単位で行われるため、URLが変更されるとページの評価もゼロに戻ってしまうので、ページ評価も下げないまま移動を行うことが出来ます。
リダイレクト後もページ評価が下がらず、ページランクを引き継いだまま利用することが出来ますので301リダイレクトの設定をしっかり行っておくとよいです。

関連記事