• ホーム
  • 中古ドメインと新規ドメインどちらがいいの?

中古ドメインと新規ドメインどちらがいいの?

中古ドメインと新規ドメインはSEOの観点からいうとどちらがよいのか迷うこともあるのではないでしょうか。
新規ドメインのメリットはサイトのテーマに合ったオリジナルのドメインを取得することが出来るということです。
ドメインに自分が売り込みたい商品名や会社名、サイト名などを入れることが出来るのでオリジナリティがあります。
新規ドメインのデメリットは運用歴が全くゼロですので、Googleの検索エンジンの評価もゼロからスタートすることになります。
ドメインエイジが全くないためクローラーの巡回もほとんどありません。
そのため新規ドメインは、ソーシャルメディアを活用して、SEO対策を一から行わなければなりません。

新規ドメインを使用してサイトを運営する場合は、認識されるまでに時間がかかりますが、更新を頻繁に行うようにするなどして地道に努力をし、時間をかけることによって検索エンジンに認識されやすくなります。
更新頻度を上げる時に注意したいのが、決して記事の質を下げないようにすることです。

記事更新が頻繁にされても内容があまりないサイトだとユーザーが離れていってしまうため、検索順位も次第に下がってしまうからです。
内容のよい記事で更新頻度が高くなれば、アクセス数やユーザーの増加にもつながりますし、新規ドメインでもドメインパワーを付けていくことが出来ますので良質なサイトに仕上げていくことが一番大切なことだといえます。

中古ドメインのメリットはこれまでの評価を受け継ぐことが出来るという点です。
ドメインエイジがあるので、クローラーの評価を受けやすいため、検索順位に表示しやすくなるというメリットがあります。
中古ドメインのデメリットは、前回の悪い評価も受け継いでしまうので、違法サイトなどのマイナス面の強いサイトのドメインの場合、新設サイトのイメージも悪くなってしまいますし、評価も下がってしまうことでしょう。

中古ドメインを利用する際には、ドメインの有効期限が切れていないかを確認しなければなりません。
有効期限が切れたドメインでも被リンクはそのまま残っている可能性がありますので、うまく活用するとよいです。
中古ドメインの適用デメリットを避けるには、過去のサイト状況を確認してから購入をするかどうかを決めると失敗がありません。
確認調査ツールがあるので、こうしたツールで下調べをしてから決めると失敗がありません。

関連記事