• ホーム
  • リンク数が多いのに競合サイトに勝てない理由とは

リンク数が多いのに競合サイトに勝てない理由とは

被リンクとは、外部のサイトから自分のサイトにリンクをしてもらうことをいいます。
自分から外部のサイトにリンクをすることは発リンクといいます。
被リンクや発リンクの数はGoogleのサイト評価基準の1つですので被リンクの数が多ければ多いほど評価ポイントは高くなります。
しかしリンク数が多いにも関わらず競合サイトよりも検索順位が低い結果が出てしまうこともあります。
被リンクされている相手側のサイトが人気があるサイトであればあるほど、評価が高くなりますので、こうした理由からいくら被リンク数が多くても競合サイトに勝てないというケースもあるでしょう。

被リンクされるためには、やはり有益な情報を得ることが出来る良質なサイトを作るしか方法はありません。
有益なサイトはユーザーの評価も高くなりますので人気サイトとなります。
人気サイトになると他のサイトがコピーをしようとすることもありますので、コピーコンテンツされないように気をつけなければならないでしょう。
コピーコンテンツされていないかどうかはチェックツールを使うと発見することが出来ます。
また自身のサイトがコピーコンテンツばかりだと検索エンジンにコピーコンテンツだと判断されてしまい、評価が下がってしまうこともありますので気を付けましょう。

サイトの記事を増やそうとしてワードサラダを利用して記事を自動生成するのはやめておきましょう。
ワードサラダはボリュームのある記事を書くことができるので、検索エンジン上位に入り込むことが出来ますが、検索エンジンからアクセスしてきたユーザーが実際にサイトの内容を見てみると、意味不明な言葉ばかりが羅列してあり、無益な情報だったということがよくあります。
一時的にSEO対策になるかもしれませんが、ユーザーの信頼を失うため気をつけなければなりません。

リンク先のページが存在していないリンク切れという場合もあります。
こうしたリンク切れサイトばかりが被リンクされていると、評価が下がりますのでリンクチェックを定期的に行う必要があります。
リンク切れチェックを定期的に行うことは、ユーザーの信頼を失わないために必要なことです。
また検索エンジンにリンク切れのサイトが検索されてしまうと、検索クローラーが訪れる機会を損失してしまうので、競合サイトに勝てなくなる理由の一つとなってしまうこともあるでしょう。
大量のリンクがある場合は、リンクチェックツールを利用すれば一度に大量のリンク先をチェックすることが可能です。

関連記事