• ホーム
  • サイト構成を工夫してSEO対策をしよう

サイト構成を工夫してSEO対策をしよう

SEO対策を行えば、検索エンジンで上位に表示されますので集客効果を高めることが出来ますし、サイトの宣伝を行うことが出来ます。
また検索キーワードで検索したユーザーがあらかじめサイトのターゲットとなってくれるので、多くのユーザーがアクセスしてくれる可能性も高まることでしょう。

そこでSEO対策としてサイト構成にも力を入れなければなりません。
サイト構成は利便性が高いコンテンツをたくさん用意することで、ユーザーはより良い情報を手に入れることが出来ますので、ユーザーの満足度も高まります。
ユーザーの評価も高くなることで検索順位も自然に高くなるため、Googleの評価も高くなることでしょう。

サイト構成は一つのコンテンツにキーワードを意識的に一つ以上は入れておくとよいです。
サイトのタイトルはサイトの情報がすぐにわかるものにしておくことです。
全く無関係のサイトタイトルの場合、検索キーワードでアクセスしたユーザーの不利益になりますし、タイトルでサイトの中身が分からなければ無意味なものになってしまいます。

ディスクリプションとは検索エンジンで検索を行った時に、どのような内容のサイトなのかについて紹介した文章、説明した文章のことです。
ユーザーにとっては広告文句のようなものですからディスクリプションはあった方が望ましいです。
検索結果に表示されるディスクリプションの文字数は最大でも124文字までにしておきましょう。
ディスクリプションの文字数がそれ以上多くなってしまうと、125文字めの文章が表示されなくなってしまうからです。
逆にディスクリプションの文字数が少なくなってしまうと表示されなくなってしまうので気を付けなければなりません。
ちょうどよい文字数は64文字程度ですので、64文字程度におさまるようにしましょう。

パンくずリストとは、サイトのどの位置にいるかを紹介したリストのことです。
ユーザーにとってどの位置にいるか知ることが出来ればとても便利ですし、SEO対策にも効果的です。
パンくずリストのアンカーテキストに検索して欲しいキーワードを散りばめることが出来るので検索エンジンにも自分のサイトのテーマを伝えることが出来ますし、検索されやすくなります。
こうしたサイト構成を工夫することによってGoogleにサイトの内容を的確に伝えることが出来ますし、検索ロボットにキーワードが拾われやすくなりますので、効果的なSEO対策を行うことが出来ます。

関連記事