• ホーム
  • よい中古ドメインなのに運用後にペナルティを受けてしまう原因

よい中古ドメインなのに運用後にペナルティを受けてしまう原因

パソコンを使っている男性

せっかくドメインパワーのある中古ドメインを手に入れたにも関わらず、新設サイト運用後にGoogleにペナルティを受けてしまうことがあります。
あらかじめ中古ドメインを分析ツールでチェックし、問題が何もなかったにも関わらず、運用後に受けてしまうのは、コンテンツの内容やサイトの質が悪いということですので新設サイトの内容を見直す必要があるでしょう。

一度ペナルティを受けてしまうとアクセス数が激減してしまうので、ペナルティを受けないように気を付ける必要があります。
ペナルティを受けるとなかなか検索順位に表示されませんので、多くのユーザーが離れてしまう原因になってしまうので、避けるようにしなければなりません。

手動ペナルティを受けてしまった場合はコンテンツや被リンクを確認する必要があります。
コンテンツと被リンクはGoogleが優先的に評価を行うポイントだからです。
評価の悪いバックリンクがたくさんついていた場合は、バックリンクを削除しておくとGoogleの再審査が通りやすくなります。
他にも無断に服用したコンテンツが混じっているとサイトの質が悪いと評価されてしまうため、こうした質の悪いコンテンツは外しておかなければなりません。

被リンクで多いペナルティには、自演リンクがあります。
自演リンクとは自分で作ったサイトを被リンクにしてたくさん貼り付けることをいうのですが、過剰な数や全く関連のないリンクを貼ってしまうとGoogleからペナルティを受けてしまうので気を付けなければなりません。
Googleでは、スパム行為やルールに基づかない不適切なSEO対策を行っていると検索エンジンロボットが悪質サイトだと判断し、ペナルティをつけてしまうことがありますので、出来るだけガイドラインに違反しないように心がける必要があります。
違反しているサイトや悪質サイトだと評価を受けてしまうと検索順位に表示されなくなってしまったり、圏外にされてしまうので要注意です。

評価を下げないためにはコンテンツの内容をユーザーにとって有益なものにすること、広告ばかりにしないことやコピーコンテンツばかりを用意しないようにすることです。
SEO対策に熱心になるあまり、記事にキーワードをたくさん盛り込んでしまったり、隠しテキストを用意していたり、自動生成コンテンツを利用してサイトを作るとすぐに悪質サイトだと評価を受けてしまうので気を付けなければなりません。

関連記事